バイクライフと愛犬のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS Beyond the description〜筑波選手権 

<<   作成日時 : 2007/10/20 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

レポ更新
画像


TC-Formuraに参戦したOGーRさん、シゲR−1さんの応援と手伝いに行ってきた。
この週末は選手権、テイストとレースWeekの為、サーキット場内はごった返してた。

画像

選手権は早くもピリピリモード

画像

今回の大本命 0秒台松田選手の1000RX 

朝方までの雨によりコース上一部ウェットの残る中、予選スタート
画像

画像

ガンバレー!

始まって早々にシゲR−1さんがトラブルによりスローダウンしてしまう。
再度コースインするもコース上で原因不明のE/Gストップ
アタックできずに終わる。

アナウンスによれば序盤は3秒前半でOGーRさんがトップタイム
その後松田選手が2秒台に入れてトップに。直線のスピードもR1000より速く見えた。
OGーRさんも2秒台に入れて2番手に、そしてR1笹原選手が割り込み2番手へ
予選も慌しく変動し始めた頃、裏のストレートで1000RXがエンジンブローと
アナウンスが流れる。
OGーRさんは3番手で終了(事実上はTOPが消えた為2番手)
その後やる気になった?OGーRさんは軽量化の為かカウルを磨き始めた(笑)

一方、シゲR−1さんはトラブルの原因追求に追われる。
DOG-FIGHTのクルー、面倒見のいいサポートGRさん(明日レースできるのか?
ってくらい働いてた)らが懸命の処置を施しなんとか息を吹き返す。
そして最後尾だが決勝グリッドには立てるようになった。

決勝前
画像


シゲR−1号に
画像

またもやトラブル再発 無念のリタイヤ
「このままで終われないでしょ!」

画像

bU 発進
R1000での走行時間も少なく最近はベストタイムには及ばず本調子ではなかった。
その状態でどんなパフォーマンスを発揮するのか?
ポールポジション不在のフロントロー
ピット前でスタートを見る。出遅れたー!3番手で1コーナーへ進入
画像


タイムを出すにはストレートの前のコーナーをいかに攻略するか?であるならば
勝負所はストレート後のコーナーである。
このクラスは1コーナーだと直感し、1コーナーへダッシュ!
(ってか2ヘアは見えるとこないけど…)
最終の立ち上がりと1コーナーが見わたせる場所で見る。

3周目、1コーナー進入で2番手に上がる。
次の周にTOPとの差が一気に詰まる。
(最終からの飛び出しが速い!)
アナウンスで0.5秒タイムアップと言ってた。

そしてテールtoノーズで周回を重ね、2ヘアでパスしてトップへ
画像

差を広げ始めるも・・・

画像


笹原選手も引き下がらずジリジリと追い上げてきた。
(実況アナウンスも笹原選手が抜くの待ってるような感じで
TBSの亀田寄りのようだったw)
1コーナーで真後ろに付かれてもOGーRさんは全然ラインを変えなかった。
この日感じたのは意外とラインはオーソドックスだったこと。
(エラそうですいませんw)
なぜ?と思ったがこれはあとで分かった。

裏のストレートで笹原選手が真後ろに着くと最終をイン側で立ち上がり
そのままイン側で1コーナーへ進入してパスするもアウトにハラむ。
すかさずOGーRさんがインに飛び込む。
そのとき2台が接触した。アウト側の笹原選手がバランスを崩し転倒して
滑ってく。勝負が決まった。

しかし滑走が止まるとバイクを起こしてまた走り出して行く。

2位以下もバトルが激しくTOPとの差が大きく開いた。
メインストレート1本分だった。
そのままチェッカー、圧勝だった。

画像


画像

正直に言うと今日こんな写真は撮れると思ってませんでした。ゴメナサイw

画像


本人は
「あのままバトルして勝ちたかった。」となんとも贅沢なコメントw
しかしその裏にあったのは数周ものバトルで力量を見切り
「一度は抜いてる相手、抜かれても抜き返せる」そんな心理での
1コーナーの攻防だったのでは?と私は見ました。

「シリーズチャンピオンがかかってるから無理はしてなかった。」
と分析もされてましたよね。
実際はどうだったんでしょうか?w

そんな意味では最後までバトルを見れなくて残念でした。
ウソですwおめでとうございます。

それからウィリーFINISHで完走した笹原選手もお見事でした。
シリーズチャンピオンおめでとうございます。

シビれた。鳥肌が立った。速さもそうなんだけど、ここまでの全体の流れにと言うか
今日1日における事の運びにと言うか、なんか言葉が見当たらない。
終わった後「俺ってスゲェー!」って他人事のようにマジで言ってる
OGーRさんを理解できなかったw

しかし一方で今回は厳しい現実もあった。
シゲR−1さんの完全燃焼できなかった悔しそうな姿に
かける言葉が見つからなかった。
嬉しいレポはまた先送りになりました。待ってますよ!

あまりの驚き?でグッタリ疲れたがその後ST600の決勝を見た。
0〜2秒台に32台のフルグリッドでひしめき合うと言った感じ。
速すぎて見てても何をしてるのかよく分からんw
2秒台でも充分スゴイのにそれでも周回遅れが出てしまう世界
ASアオやまからブンゲンさんが参戦してた。
4番手から追い上げ最後までTOPを突付き回して2位でFINISH
画像


「速そうに見えないけどなぁー」と・・・・氏
(あなたもですよ!)とは言えませんでしたwww

画像

一人しかなれない第一位 今年は参戦した全てのレースで・・・orz
画像


帰りはなんか疲れて、コンビにで爆睡した。

走行写真撮影:サー食ta-1さん










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
すっかり 弱気コメントにダマサレタ!!
やっぱ 常勝なのねwギガスゴス
愚者
2007/10/20 20:43
なんかスゴすぎちゃって驚いたのと
アキれたwのとでうまく言えねぇーズラよ。
愚者氏とワイルド氏にも見せたかったよ。
T@RR
2007/10/20 22:49
どーもです。決勝前のピットロードでトドメのトラブルに見舞われた瞬間マシンを蹴り倒してやろうかとおもいました・・・これで今シーズンがおわりか?ありえねー!!って思いました。急な頼みながら助っ人をお願いしてもらい、ささやかに期待されつつ挑んだ最終戦がこんな結果に終わるとは・・・新型を投入して勝負をかけた1年でしたがまともに走れたことは多分1度もありませんでした。今の気分はマジで気持ちが切れそうです・・・今はもうただ「普通に乗らせてください」との気持ちというよりお願いですね・・・ほんとに。まあこういう年もあるんだな〜とおもいつつ治り次第即練習です!鬱憤ばらしにいくので危険だから走行時くれぐれもコース内でオレのそばにはいないように(笑)
シゲR−1
2007/10/21 22:48
シゲR−1殿
今日はGRさんのサポートお疲れさんでした。
これだけ見放されると怒りも通り越すって感じですね。ホント明暗、天と地を見た思いです。

うーん、帰り道思い出したのは鈴木亜久里が
F1の1年目ズサンなチーム体制の元で全戦予備予選落ちのシーズンを余儀なくされた翌年に3位表彰台に立った事です。
いいイメージを持ち続けて臨めばきっとプラスに転じると思います。
これからが逆襲ですね!


T@RR
2007/10/21 23:07
僕も行ってれば、帰りは運転してこれたのに。でしたねw
ハマ
2007/10/21 23:53
おつでした と言うかサポートありがとうございました!! 朝のドタバタをみんなの力で終わらせてくれたのはかなり大きかったです 集中する時間出来ました  ホントに今回はチームの勝利だと思います!! 恩返しはサポート返しと言う事で来年のTTで!!
OGーR
2007/10/22 22:09
ハマ殿
だから言ってんじゃん!w
T@RR
2007/10/23 21:18
OGーR殿
乙!魅せられました。今回も!
勝利もだけど坂田選手にインタビューされると
か、レースクィーンにウィナーTシャツ着るの手伝ってもらうとか夢を見せてもらいました。
TT、いつの日か夢見て・・・

いない隙に愚者がトピを荒らしてスンマセンでしたw



T@RR
2007/10/23 21:36

共犯w
愚者
2007/10/24 07:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
Beyond the description〜筑波選手権  バイクライフと愛犬のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる